豊洲市場 内田茂氏の責任も?爆発の可能性が出てきた!豊洲市場の盛り土問題で都議会のドン・内田茂氏の名前が出てきました。しかも、この地下ピットは爆発の可能性があると読んでいる人も出てきました。豊洲市場とも深い関係の内田茂氏。爆発したらどうすんだ!?

豊洲市場の盛り土問題は盛り土が行われておらず云々と言うのは、ニュースや新聞等でご存知の通りだと思います。

・・・豊洲市場問題のまとめです。新情報とオリンピックへの影響も・・・
【豊洲市場の問題をまとめ】新事実も続々と!ウラで談合と地下の最新情報! 

ここに水が溜まるというのもオカシナ話ではあるのですが、今回、落札率が99.9%と言うことで、談合という新しいオカシナ問題も表面化して来ました。小池百合子さんが延期と言い始めた時から、チョット抵抗勢力の動きがワザとらしかったのはこういうことかというのが判明して来ました。

また、地下ピットがあることで爆発というキーワードも出てきました。豊洲市場が大爆発ということです。税金で作った豊洲市場ですが、立て直しなら爆発した方が・・・と言うのは不謹慎なので止めておきましょう。

<<スポンサーリンク>>


豊洲市場と内田茂氏の関係

豊洲市場に深い関わりが内田茂氏にはあるといわれています。内田茂氏は豊洲市場の電気工事会社の監査役員をしているというのです。ということはある程度の権限もあるということですね。地下ピットの事を知っていたかどうかは分かりませんが、監査役員としての遠回しの責任問題も出てくるかもしれませんし、小池百合子陣営にしてみたら、【目の上のたんこぶ】的な院政で今も力がある内田茂氏の力を薄める材料と捉えるかもしれませんね。

豊洲市場と内田茂氏の関係は深いのです。豊洲市場の電気関連の工事を内田茂氏が役員を努める会社は【東光電気工事】という会社のようです。これは匂いますね。ゼネコンの落札率99.9%で談合も疑われていますからね。利権と言う言葉が過ぎってきてしまいます。

豊洲市場の盛り土費用はどこに?

豊洲市場は盛り土をしていない→盛り土費用はどこ行った!?となるのは自然なことです。この盛り土費用は【117億円】だと言われています。これって・・・

まだどこに行ったのかは不明です。ネットの噂では利権グループに渡ったのでは?と見ている人も居ます。99・9%の落札率に【東光電気工事】と内田茂氏の関係と、邪悪な利権が何処かに発生していると疑われても変な話ではありませんね。変なのですが。

豊洲市場が爆発しちゃう!?

豊洲市場が爆発の危険性があるんだって?


Twitterで話題になってるね。例えばこれとかー


ベンゼンが地下ピットに充満して、最悪爆発釣るということか・・・


ガスが溜まらないようにガス抜き口ぐらいはあるだとうけどねー


駐車場に利用目的だったと言われているから、そりゃあるだろうな・・・

<<スポンサーリンク>>


地下空間について

地下空間についてのコメントが出てきましたね。
今回、判明したのは東京都側からの地下空間の認識についてです。東京都の職員が近く感をどのように捉えていて、その地下空間の要因とは何だったのかが判明しました。

まず、東京都側によると、空間はモニタリング施設の用途に使う予定で作ったということの様ですね。モニタリングとは勿論、汚染水の為です。これが判明したことで、先日の搬入ハッチが設置された事が納得できますね。

それではどうして、モニタリングという発想に至ったかということなのですが、これは2008年ごろから土壌汚染対策法が改正される方向で話が進んでいることをキャッチした東京都が、これを念頭に置いて、改正されたら豊洲市場も対象となることから、モニタリング空間が必要だと考えた様です。でも、これは2008年とか、2009年の話ですので、中央卸売市場長は比留間英人さんです。その後、2010年に土壌汚染対策法が改正されます。この時は【高床式】で検討されていたそうです。

もう一つのもしかして?

もしかしたらの妄想だと思ってください。2011年の3月に豊洲市場の基本設計案が出されます。この時は地下空間というのは含まれていませんでいた。そして、2011年6月に日建設計から東京都へ基本設計が提出されています。日建設計は「勝手に地下空間を設計する事はありません」とコメントを出しています。

2011年3月といえば、【東日本大震災】の頃ですね。この頃に地下空間の説明を受けたとしたら。。。当時自粛ムードで、築地自体も老朽化で危機感もあった状況だったように思います。中央卸売市場長も市場の震災の対応や対策について動いていた事と想像します。もしかしたら、地下空間の説明はあったが右から左に受け流したのかもしれないなと思ってしまいました。豊洲移転はまだ先の話で、それよりも現状の対策を優先させていたと思いますし。

【高床式】というのも、もしかしたら震災が影響して、高床式だと耐震問題が・・・とか、だったら、地下の方が安心だ・・・とか有ったのかもしれませんね。爆発と言うより崩壊といった方が有っているかもしれませんね。上モノが大きいだけに。しかも、モニタリング空間が必要となると地下という選択肢もありですね。でも、地下部分を1Fにしてと云う発想も有ったわけで、盛り土が何故行われなかったのか?建物の周辺道路との兼ね合いも有ったと専門家は指摘しています。
妄想ですけどね。

小池百合子東京都知事は利権にメスを・・・

このページをご覧いただいているのは、利権について興味があるからだと思います。小池百合子知事がここにメスを入れるかどうかだと思います。定例会議で今後の展開に重要な発言をしています。

地下施設の建設設計の時期について

  • いつ誰が決めたのか?
  • HPと答弁が違っていた事については?
  • 盛り土をしなかったことを知っていた職員が、なぜ専門家会議に答弁を求めなかったのか?

と、都内部からメスを入れ始めていることです。

この報告そのものが都庁が、この都政が、都庁が、実際に自律改革ができるのかどうかの試金石でもあると思うんですね。やっぱり嫌ですよ、それは。先輩方に嫌な話を聞かなければならないかもしれないし、そこに自分が関わっていたっていう人はなかなか言いづらいこともあるでしょう。だけど、ここはやはり都政の信頼を回復するという一番大きな課題のためには私はこの都そのものが問われることになるので、この報告書についてはしっかりやってほしい。やらなければならない、そういうふうに思っておりますので、しっかりと報告書をまとめるようにということで、お尻をたたいているところでございます。 
引用元:https://thepage.jp/

と、自律改革という言葉を使っていますね。職員から始めて、都議会に向けていくと考えられます。都議会も腐っていると小池百合子知事が考えるならば、入札に関しての落札金額平均99.9%ということと、落札会社に都議OBの息が掛かっていたということで、そして、東光電気工事も内田茂氏と繋がりもあるということで、職員の次は都議会ということになっていくかもしれませんね。もちろん、これはオリンピックに繋がることだと思います。

<<スポンサーリンク>>


まとめ

内田茂氏と豊洲市場というのは深い関係にあることが分かりました。それにしても、小池百合子さんを当選させたくなかった理由がもしかしたらこういうことだったのかもしれませんね。ということは、石原のお坊ちゃんも何かしら知っていた可能性も否定は出来ませんね。談合の疑いと今回の件に関して、内田派は勢力を弱めていくでしょうね・・・

・・・豊洲市場問題のまとめです。新情報とオリンピックへの影響も・・・
【豊洲市場の問題をまとめ】新事実も続々と!ウラで談合と地下の最新情報!