豊洲市場の盛り土問題で、責任者と云える人は誰なのでしょうか?比留間英人さんの名前も上がっています。プロフィールが気になりますね。石原都政下で様々な方向性が決定し、地下ピットについて、言った言わない知らないの押し問答となっています。この事についての責任者は?

豊洲市場の地下ピット溜水問題で、石原慎太郎元都知事は「騙された」と述べたりしていますが、


こういうことになっています。
それでは、石原慎太郎氏が東京都知事の時代の責任者とは誰だったのでしょうか?

<<スポンサーリンク>>


石原都政下の中央卸売市場長

盛り土・地下ピット問題で石原慎太郎氏は報告を受けていないと述べました。その時の中央卸売市場長とは誰だったのかをネットで調べました。
2006年に石原慎太郎元都知事が三選した時の中央卸売市場長は比留間英人氏とあります。
元々は教育畑の方だったみたいで、55歳で中央卸売市場長の役務に就く前は、 教育庁次長(中央図書館長事務取扱)をされていたようです。

教育畑から中央卸売市場長というのも変わった人事だと思いませんか?
あるサイトでは「教育改悪」と言われ、今度は食の安全を脅かすのか?とも書かれていました。

 
昭和50(1975)年 入都 <推定年齢(以下同様): 24歳>
平成5(1993)年 教育庁勤労部人事課長 <42歳>
平成9(1997)年 教育庁総務部総務課長(統括課長) <46歳>
平成9(1997)年 教育庁参事 (総務部総務課長事務取扱) <46歳>
平成11(1999)年 保谷市助役 <48歳>
(注: この1999年↑イシハラ氏就任)
平成13(2001)年 西東京市職務執行者 <50歳>
平成13(2001)年 教育庁人権・企画担当部長 <50歳>
平成13(2001)年 教育庁学務部長 <50歳>
平成15(2003)年 教育庁総務部長 <52歳>
(注: この2003年↑イシハラ氏再選・竹花豊 氏副知事任命・新銀行東京設立)
平成17(2005)年 教育庁次長(中央図書館長事務取扱) <54歳>
平成18(2006)年 中央卸売市場長 <55歳>
(注: その翌年イシハラ氏三選・イノセ副知事就任・豊洲のベンゼン1000倍以上報告・環状二号線地上化の不当採択と国交省申請と工事着工費用予算化)

出典元:http://ameblo.jp/garbanzo04/entry-10109002936.html

上をよく見てみると、ベンゼン1000倍以上報告と興味深い数字も見えますね。ちなみに上のサイトは2008年の記事です。

今の中央卸売市場長は?

現在の中央卸売市場長は岸本良一氏です。盛り土の問題について、事実と異なる発表をしていたことに謝罪をしたのもこの方ですが、責任はもちろんあるのですが、過去の中央卸売市場長が行ってきたことに対する火被りといった印象で、少し可哀想な気もします。

歴代の中央卸売市場長というのは検索しても出てきませんでしたが、今後、責任者を追求して行くのであればこちらも明らかに案って行くでしょうね。

<<スポンサーリンク>>


地下の溜水について

専門家会議の座長である平田氏によると、溜水は地下水であるとのことでしたね。ベンゼン等も検出されずに飲めるほどだとも言ってました。これは小池百合子知事の安全宣言に前進したんじゃないでしょうか?しかしながら、安全宣言したとしても、騒ぎすぎた感はあろうかと思いますので、風評被害も少なからずあります。

案z線宣言を出したとしても、盛り土がされていること前提の環境アセスメントについて、嘘とも言える状態で環境局に提出しているわけですから、直ぐに運行出来るとは思えませんが・・・

必殺の特例ということになっていくのでしょうか?それでは都民は納得出来ないですし、風評被害も払拭出来てたとはいえないんじゃないでしょうか。

安全宣言=風評被害払拭=環境アセスメントではないのが現状ですからね。
オリンピック施設の影響も気になりますね。
・・・豊洲市場問題のまとめです。新情報とオリンピックへの影響も・・・

【豊洲市場の問題をまとめ】新事実も続々と!ウラで談合と地下の最新情報! 

まとめ

今回の豊洲市場の問題は責任者を追求するのであれば過去に遡らないといけません。ベンゼンが検出されるのであれば決定した石原慎太郎氏の責任問題にもつながってくるかもしれませんし、過去の中央卸売市場長の誰かが責任を取らないと行けなくなるかも知れません。現任は自分じゃないから関係ないは通用しませんよ。世界に向けた東京の市場ですし、オリンピックも絡んでいるのですから
・・・豊洲市場問題のまとめです。新情報とオリンピックへの影響も・・・
【豊洲市場の問題をまとめ】新事実も続々と!ウラで談合と地下の最新情報!