豊洲市場のゼネコンと設計は?内田茂氏の影が見えてきました。豊洲市場はゼネコンの談合が疑われていたり、設計は地下ピットで問題だったりと色々と有りますね。ここに来て、内田茂氏の影が見えてきました。都議会のドン・内田茂氏と豊洲市場の関係とは・・・?

豊洲市場の落札率が99.9%と言うことで、談合が疑われていますね。しかも、今回は有名企業が参加しています。これが談合だとすると、また日本を揺るがす大問題に発展するかもしれませんね。そこまで発展するかどうかは分かりませんけど。

そして、都議会のドン・内田茂さんは豊洲市場に絶大な影響力を持っているようです。ネットではもう既に
批判の対象
となっています。
その点についても探ってみたいと思います。

<<スポンサーリンク>>


豊洲市場 ゼネコンは談合なのか?

豊洲市場の施工に携わっている会社の一覧です。

    ■水産仲卸売場棟

  • 清水建設
  • 大林組
  • 戸田建設
  • 鴻池組
  • 東急建設
  • 錢高組
  • 東洋建設JV

■水産卸売場棟

  • 大成建設
  • 竹中工務店
  • 熊谷組
  • 大日本土木
  • 名工建設
  • 株木建設
  • 長田組土木JV

■青果棟

  • 鹿島建設
  • 西松建設
  • 東急建設
  • TSUCHIYA
  • 岩田地崎建設
  • 京急建設
  • 新日本工業JV

大手ゼネコン会社が多数入っていますね。日本を支えていると言っても良いかもしれません。この企業の落札額が90%以上(99.9%とも)と言われています。これって、おかしくないですか?事前に打ち合わせ、つまり、談合が疑われても不思議ではありません。

また、問題の地下ピット自体を設計した会社も判明しました。
設計会社は、日建建設です。
・東京タワー
・東京ドーム
など、日本を代表する建築物の設計をして来たそうです。この会社が単独で地下ピットを計画した訳ではないでしょう。

全ての企業が談合をしているとは言い切れないのが現状ですが、噂では元都議会議員の息の掛かった企業が殆どだと言われています。これは談合だと言われても、そりゃそうだということになりそうです。

設計に関しては以前より、作業スペースが確保出来ないことや、階層となっているためターレが移動する際に混雑・渋滞すると言われていました。
作業スペースに関しては、マグロが解体出来ない。鮪包丁が回すことが出来ないといった欠点がありました。
階層にすることでトラックも不便で運搬に師匠をきたすと言われていました。

豊洲市場と内田茂氏

豊洲市場の電気工事の施工業者の監査役員が内田茂氏ということです。これは捩じ込んだと思われても仕方ありませんし、監査委員と都議会のドンと言う立場を考えるとやりたいように出来るとも安易に出来ますからね。

そして、豊洲市場の電気施工会社は、内田茂氏が役員を努める【東光電気工事】とのことです。

そして、前述の都議OBの息の掛かったゼネコン会社って、もうっ利権が絡んでいるとしか思えません。
コレをあぶり出す切っ掛けとなった小池百合子知事を都知事選の段階から拒否したのはこういうことだったのですね。

この談合問題だったり、内田茂氏の責任を問うことで内田派閥の失脚を目論んでしたとしたら、小池百合子さんと共産党は意思疎通ができているのかもしれません。予めこの地下ピットの問題を掘り下げっれば、内田茂氏にまで到達出来ると読んでいるのかも知れませんね。

<<スポンサーリンク>>


・・・豊洲市場問題のまとめです。新情報とオリンピックへの影響も・・・
【豊洲市場の問題をまとめ】新事実も続々と!ウラで談合と地下の最新情報! 

まとめ

談合の線は強いですね。これは逮捕される人も出てくるかもしれません。人によっては命もヤバイ人も出てきたりするかもしえませんね。と言うのは深読みしすぎでしょうか?今回の問題は盛り土だけでは収まらなそうです。ブラックボックスと言われる闇の部分を小池百合子知事はあぶり出して行くのでしょうね。楽しみでなりません。

ちなみに小池百合子さんは細身の男性は好みではないようです。