豊洲市場の移転が中止になった時の影響は?オリンピック返上か?豊洲が移転中止の可能性が出てきましたね。影響は様々な所に出てきそうです。オリンピックまで4年を切っていることから、中止になった場合は、オリンピック開催に多大な影響を与えそうです。それ以外にも、考えられる影響は様々です。

豊洲市場の移転が中止というのが現実味を帯びてきました。ベンゼンは環境基準を超えない程度だったみたいですが、環境基準て・・・との見方もありますし、共産党の都議団が地下水を調べて見たら、「ヒ素」が標準の4倍も検出されたとの発表もありました。

豊洲移転中止となった場合、オリンピックに影響はでると見られます。現に環状2号線は部分部分で完成していますが、重要な箇所が現在の築地市場にありますので、築地継続や立て直しとなった場合は、計画自体を見直さなければなりません。

<<スポンサーリンク>>


豊洲移転中止の可能性は?

まず、現在、ここぞと躍起になっている共産党の会見から・・・

豊洲市場への嫌悪感が強まってきていますね。恐らく、市場関係者も使いづらいとの意見は前からありましたし、築地市場協会会長も最初は移転延期に激怒していましたが、今回の盛土問題で態度が変わりました。石原元都知事じゃないけど、「騙された」が本音といったところでしょうね。

そして、現状、あの豊洲市場の建物3棟に安全宣言を出しても、都民は納得しないでしょう。元東京ガスの跡地で、ベンゼンが1000倍とも10000倍とも生演出された過去があります。揮発性ですので、経年劣化でヒビ割れがあった場合などは上部に入ってくるんじゃないか?という疑念は払拭出来ません。

とはいっても、専門家がGOサインを出した場合は移転するでしょうし、小池知事も中止の材料が揃わない限りは移転せざるを得ないでしょう。莫大な費用を注ぎ込んだわけですから、簡単には中止に出来ないのは当然の話しです。

となると、現況の建物に手を加えるしか方法はありませんね。現在の技術があれば、新たに盛土をするという方法もありますし、建て直しというのも批判がありそうですが可能性としてはゼロではないと思われます。現実問題としては、新たに盛り度や新工法ということもありえますね。

となると、談合疑惑で大手は使えませんから、中堅ゼネコンが絡んでくるということになるのかもしれませんね。

予想としては、豊洲市場の現状の建物に手を加えて、安全宣言→移転ということになるでしょうが、もし中止になったと仮定して、どのような影響が出るか考えてみたいと思います。

<<スポンサーリンク>>


豊洲移転中止・延期となった場合の影響を考えてみる

まずは豊洲市場場所から見てみましょう。

こちらです。現在の築地から島を二つ跨いでということになります。レインボーブリッジを経由していくことも可能ですね。レインボーブリッジ経由ですと観光地お台場の近くを通る事になります。平日出すとそんなには渋滞はしていませんが、週末で巨大なイベント開催の場合などは渋滞している箇所がありますね。有明JCTの近くはまだ開発していない土地もありますから待避所と云う面では場所があるのかも知れませんが、築地の利便性を考えると豊洲は?が付く部分もあります。

オリンピックへの影響

豊洲移転中止で影響が出ると言われているのが、オリンピックです。現在の築地市場の場所には環状2号線を連結させる予定の箇所が含まれています。工事自体は部分部分で感性していますので、築地が立ち退いた後に完成は直ぐに出来る状態ではあるようです。ですが、中止となった場合は、計画を見直さなければなりません。現在、築地市場の脇にトラックが通れる場所があるそうですが、ここの活用というのも視野に入れていかないといけなくなりますね。

それ以外にも、豊洲市場の更に先、レインボーブリッジから入ってくる有明の場所は、

  • 有明テニスの森
  • 有明体操競技場
  • 有明ベロドローム
  • 有明アリーナ
  • 有明BMXコース

等の会場があります。周辺には国際展示場やお台場もあることから、豊洲市場の地下空間に手を加えるとなった場合にはオリンピック会場建設とバッティングしてしまうかも知れません。延期となった場合は、老朽化が叫ばれていますが、オリンピック終了後に動き出しても良いのではないかと思います。

しかし、延期の場合は豊洲市場の維持には一日700万円掛かると言われていますね。となると、一刻も早い移転となりますが、安全性には変えられませんね・・・もどかしいです

その他にも、オリンピックへの影響は予算的な問題でも降り掛かってくると見られています。勿論、別会計ではあるのですが、どんぶり勘定と言われるオリンピック建設予算に影響が出るのではと見られていますし、今回の談合疑惑が追求された場合は、建設業界に多大なる影響が出るでしょうから、中堅ゼネコンが頑張ったとして、大手のスピードに勝てるのか?と云う問題は出てくるでしょうね。間に合わない可能性があるということです。日本の恥じになりますね。

築地への影響

場外はそのままと言うことで、場内が残ると盛り上がりは続くでしょうね。しかし、場内の老朽化で移転が決定したわけですから、場内の綻びはこれまで以上に進んでいくでしょう。しかも、オリンピックが近づくに従って、今でも多い観光客が更に多くなるから、傷みは深刻問題になっていくでしょうね。個別の仲卸業者でその老朽化の対応をしようとすると費用がかかりますから、もしかしたら品物自体の値段に影響も出てくるかも知れません。

それ以外の影響

一番は中止になった事で批判が集中するでしょう。批判の矛先は談合疑惑にも向けられるでしょう。談合は東京都側から持ちかけられたと云う話もあります。

【関連記事】
・・・豊洲市場のゼネコン談合疑惑に新事実が発覚・・・
 豊洲市場のゼネコンとの談合疑惑に新事実!東京都が裏で○○していた・・・

東京都の勢いがオリンピック前に失速してしまうということにもなるのかもしれません。しかし、女性知事と言うことで、イメージ的に百合子グリーンが体裁を保つかもしれませんね。

豊洲を使用する場合の影響は?

豊洲に安全宣言を出し、豊洲の使用が開始されてからも様々な影響が予想されています。何と言っても、魚の高騰が一番です。トラックの横付けに難があると言われていますし、1Fの利用も限られると言われています。何よりトラックだけではなく、ターレー自体の渋滞も予想されていますから、それをカバーする為に人件費を投入しなければならないということです。

これで流通大手の流通コントロールが進むようですね。中小の流通が豊洲からエスケープしだすので、日本の流通自体が変わると言われています。

更には、仲卸業者の作業スペースが狭いので作業が出来なくなると言われています。ですので、効率が悪くなり現在の水産業者の3ぶっbの1が廃業に追い込まれると言われています。強者が残ると言われています。ということは、現在の豊洲市場の規模は必要なくなるのでは?と見ている人もいます。

築地再建築で十分だったのでは?という声もありますね。

<<スポンサーリンク>>


・・・豊洲市場問題のまとめです。新情報とオリンピックへの影響も・・・
【豊洲市場の問題をまとめ】新事実も続々と!ウラで談合と地下の最新情報! 

まとめ

豊洲市場移転が中止になた場合は影響は様々な箇所でで出ます。上モノが完成して、それを取り壊すにしても、手を加えて利用するにしても費用は掛かります。オリンピックに向けた東京都の勢いに影響が出てくるのが一番の懸念です。また、築地市場協会が主張していた動き出している豊洲移転への補填費というのも気になります。現実的に見て、手を加えて豊洲移転になるんでしょうね。→魚が値上がりしますよ。首都圏の流通が変わりますよ。