高畑裕太さんの発達障害があって、4歳まで喋らなかったというのです。今回の事件はその発達障害に起因刷るものではないかとネットで見られて居ます。過去のエピーソドも踏まえ、高畑裕太さんの発達障害と4歳時、発達障害以外のことも調べてみたいとおもいます。発達障害が悪いわけではありません。

高畑裕太の事件から、発達障害がまた注目され始めているな・・・。発達障害は普通に暮らすことも出来て、悪いことじゃないんだけど、今回の事件では周りの周知外での出来事だから、ちょっと考えさせられるな。


周辺の人がわかっているだけで、避けられた事件ではないからねー。


ここにこの発達障害との向き合い方を考えさせられるよ。高畑裕太は4歳まで喋らなかったんだってね。それで、発達障害を疑われているんだけど、その後のエピソードもスゴイんだって?


前回のページに少し書いているけどね・・・
  ■関連記事→高畑裕太は発達障害でアスペルガー?奇行エピソードがスゴすぎる!
また、ちょっとこの事に関しても考えてみようかなー 


発達障害は他人事のような感じでいるけど、近所に居たり、今回みたいに向き合わないと行けない場面もあるだろうからなー


高畑裕太の場合は、4歳頃の幼少期、発達障害以外にも、アトピーだったり、喘息、左耳の難聴なんかがあったみたいだね。これらの対処に高畑淳子さんは大変だったろうなと思うねー。お姉さんも相当な苦労をして来たんだろうなと。だから、高畑淳子さんと娘さんは仲がいいんだねー


事件後、高畑裕太は色々を過去のエピソードをネットで掘り繰り返されてるみたいだな・・・


結構なエピソードが小学生時代からあったみたいだよー


高畑裕太の奇行エピソード

高畑裕太はネットで前から、言動の数々が発達障害では?と言われてきました。性欲が抑えられないなど自らの発言で自分を追い詰めて行った感じがしました。本人は追い詰められていると言った感じはないでしょうが、結局、こうやって色々とネットで書かれて自分が追い込まれていますからね。

小学生時代からのエピソードとして

  • 授業を受けずにコンビニで漫画を読んでいた。
  • 高畑淳子が忘れ物を届けに学校に行ったら、居なかった。
  • 学校に行かずに、お風呂の浴槽に水中メガネをして潜っていた。

など、自分の欲望を抑えられない行動が目立っていたようです。

これを学校側が【個性】という曖昧な言葉で片付けてしまいがちですからね。
【個性】という言葉に逃げている現状があるということです。

しかし、発達障害の人は身近にも居るかもしれません。
その接し方に関しても暖かく見守るとか、キツく接しないといったことになるのかなと思いました。

ですが、今回はそれの外で怒った事件ですので、これまた厄介な問題なのです。

自分の感情が抑えられず、周囲、今回はそれ以外に迷惑を掛けてしまったということか・・・ 。今回はお金に関しても損害賠償の額が億を超えるなんて声もあるくらいだしな・・・


<<スポンサーリンク>>



24時間テレビのドラマとパーソナリティー、や映画、CMに他のドラマとかなー。高畑淳子さんの仕事にも影響が出るだろうねー


これは周囲がカバーしなければって問題じゃなくなってる。犯罪なんだし。でも、自分の欲望を抑えられない。発達障害の治療法ってあるのかね・・・


アメリカが先進国ではあるけど、日本でも進んで居るみたいで、

●心理教育と環境調整療法
●薬物療法
●自助グループへの参加
出典:http://get50.net/hattatu/a-tiryo.html

があるみたいだね。


薬治療も以前問題があったりしたからなぁ・・・今はしらないけど。


話は逸れたけど、周囲との対話ってだけでは解決出来ないってことだね。