高畑裕太の無実を証明する!?LINEとは?嘘を暴いてやるゼ!高畑裕太が無実だという証拠になるのかも知れない詳細が書かれたLINEの画像がTwitter(ツイッター)に出てきました。本物だったら今回の出来事は高畑裕太は無実ですし、損害賠償は相手女性が払わなければ筋が通りません。

高畑裕太が無実であるとする画像が出てきましたね。この話が本当だとしたら、実はとんでもないことになってしましますし、別の方向で事が進んでしまいそうです。真実は語られないから示談になったのか?肉体関係のお詫びで示談金を支払ったのか?これを読んで信じてしまうと示談金というのも必要ない話になってしまいますね。

高畑裕太の無実がこのLINEで証明された場合は、もしかしたら、芸能界復帰もあるかもしれません。ないかな?やっぱり、今回はプライベートなことにまでネットで話題になったから、ないのかもしれませんね。

LINEの画像から、色々な事が見えてきそうです。今回はLINEが本物だと仮定して話を進めて見たいと思います。

<<スポンサーリンク>>


高畑裕太が無実?LINEとは?

高畑裕太が無実だと見方が変わるかも知れない、LINEの文章の画像がツイッターに上げられました。Twitterに上げられるとなると、ベッキーの件を思い出した人もいるかもしれませんね。「センテンス・スプリング」。今回は文春は関係ない話なのですが、話の展開からすると動き出すかもしれませんね。

それでは、高畑裕太が無罪と考えてしまいたくなるLINEです。

%e9%ab%98%e7%95%91%e8%a3%95%e5%a4%aa%e3%80%80%e7%84%a1%e7%bd%aa%e3%80%80%e9%96%a2%e4%bf%82%e8%80%85%e3%80%80line%e3%80%80%ef%bc%91

%e9%ab%98%e7%95%91%e8%a3%95%e5%a4%aa%e3%80%80%e7%84%a1%e5%ae%9f%e3%80%80%e9%96%a2%e4%bf%82%e8%80%85%e3%80%80line%e3%80%80%ef%bc%92

これさ、本当だったら、逆告訴も有り得る内容だな・・・


つまり、嘘が高畑裕太を追い詰めたーって内容ー


でね、これさ、気になる箇所があって、韓国人の彼氏にばれた記述が「運悪く」って、だったらホテル関係者か、ホテルの客が韓国人の彼氏ってことになるんじゃないの?仕事中の浮気がバレるって、現場に居たとしか思えない話になってくるよね。それか、現場に押し入ったか。でも、深夜に暴力的な韓国人が当てずっぽうで高畑裕太の部屋を訪れるのか?って話にもつながってくるな・・・


つまりは、嘘ってことー?


浮気のバレ方ってのがね。チョット強味に欠けるよな・・・。


あと気になる点ある?


冒頭の数行に渡って、ネタ元の説明が長すぎない?ここまで説明するのであれば嘘を真実としたくて長くしている可能性もでてくるよな・・・


深読みじゃない?


なのかな?


私が気になった点はねー、「高畑淳子が一日でも早く戻したい」の部分かな?有能な弁護士さんから、アドバイスが出ているはずで、これに関しては高畑淳子さんでも、今後の展開を説明されたら、慎重になると思うけどね。あの会見の時も慎重に言葉を選んでいたから、そんなに焦って示談金を払うような人じゃないと思うからねー


<<スポンサーリンク>>


高畑裕太のアノ目つきを邪推!

高畑裕太さんが保釈された時の目つきを邪推してみたいと思います。あのマスコミ報道関係者を睨みつける様な目つきは、何か気持ちに持っていると捉えても良いかも知れません。真実を報道しろよの目つきなのか?もしかしたら、私は高畑淳子さんの会見の内容も説明されて、母親に屈辱を味あわせたマスコミへの恨みにも似た感情から出てきたのでは?と思ってみたり、

高畑裕太の俳優業の未来を台無しな報道を展開したマスコミに対する恨みの現れだったと捉えられるのかもしれませんね。

今回の出来事に関して云うなら、高畑裕太のアノ目つきを危ないと捉えるだけではなく、何か裏の気持ちがあったと捉えるべきなのかもしれません。あの目つきは尋常なものではないと誰しもが思ったことでしょう。弁護士の事前アドバイスもあったのかも知れません。もし、事前アドバイスがあるのであれば、もしかしたら、次の展開が待っているのかもしれませんね。

それにしても、あの弁護士さん可愛かったですね。
渥美陽子 弁護士のプロフィールは?高畑裕太を不起訴に導いた!可愛くて美人!【画像あり】

<<スポンサーリンク>>


まとめ

高畑裕太のアノ目つきは何かを訴えかける様な眼差しにも見えましたし、マスコミを恨んでいるかのような眼差しでした。アノ出来事で人生が変わってしまった高畑裕太さん。もし、今回のLINEが真実であるのであれば、損害賠償は女性側が払うべきなのかもと思ってしまいましたが、真実味に欠けるLINEでしたね。